毒草一覧次の花
チューリップ


有名な春の花ですね。時期になると園芸店で超格安で手に入ります。小妖精は子どもの揺り籠のかわりにこの花の中に子ども入れて風にゆらしているといわれています。用心深い妖精なのでそっと覗かないといけません。そして、決して眠りの邪魔をしないこと。手痛いオシオキが待っています・・・。


毒草名  チューリップ、鬱金香(うつこんそう)
学 名  Tulipa gesneriana L.
特 性  ユリ科 チューリップ属、色とりどりの耐寒性多年草
花 期  3〜5月
毒部位  全草、球根、花、葉
成 分  ツリピン、ツリパリン(Tulipalin)
症 状  嘔吐、皮膚炎、心臓毒


 

種類も多く「どの花みても、綺麗だな♪」と、いう感じです。球根をたくさん植えるときなどは注意しましょう。また、おこちゃまが手にする機会も多いですから、お口に入れちゃわないよう気をつけてあげてください。




チューリップといえばオランダですが、もともとはトルコの花でオランダ同様国花にもなっています。16世紀の強国オスマントルコの象徴とされていたものが神聖ローマ帝国との和平後ヨーロッパに持ち込まれオランダに伝わり爆発的に拡まりました。国をあげての品種改良と投機に没頭し1634年頃からは有名な「チューリップ狂時代」を迎えることとなります。この頃の様子は19世紀フランスを代表する小説家アレクサンドル・デュマ(1802〜70)の『黒いチューリップ』に描かれています。




黄色で揃えたはずなんだけど。・・・・って、こんなことありますね。



お徳用チューリップです。綺麗に咲いてくれました。花色によって花言葉も違い、赤[愛の告白]、紫[永遠の愛]、黄[望みなき愛]、白[失恋]などなどです。贈る時など間違えないようにしなければいけませんね。




球根の植えつけが遅くなってしまったので、茎が伸びずに花が咲いてしまいました。ちょっと変だけどちょっと可愛いでしょ。




中身を覗くとこんな感じです。残念ながら小妖精の子どもはいませんでした。




バレリーナ


オヤユビヒメ



クリスマスドリーム


パープルリンク(半分)


メリークリスマス



 

≪MEMO≫
・さすがに春の季語
「さいた さいた ・・・」の後に続く花で、チューリップの花を連想する人は「チューリップ世代」、サクラを連想する人は「サクラ世代」といわれ、戦争教育の影響によるものとされています。
・密は無いので、蝶は来ない。
・国内球根生産発祥の地である新潟県は、切花出荷量日本一で県の花となっている。球根出荷量日本一は富山県で、ここも県の花となっている。ともにチューリップ王国。
・「チューリップの にほひのもとに わづかなる 眩暈をおぼえ 昼もおもひぬ」北原白秋


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS